投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • お皿を割っても落ち込まないで!海外でも認められた「金継ぎ」をやってみる

お皿を割っても落ち込まないで!海外でも認められた「金継ぎ」をやってみる

ガチャーン!とお皿を割っちゃった!しかもお気に入り。こういう時、泣く泣く捨てるしかなかったけど、ある陶芸家が作った「金継ぎ」を見て、ピンときた。捨てずに拾い集めて、身近なあるもので修理するとその後もずっと使えるよ!

大好きなお皿だったのに…

出典: kasanaru.com

こういうこと、時々起こりますよね?

もう捨てるしかないか、と思わないで!

大好きなお皿だったからこし、捨てられないですよね!

NYでも話題になった「金継ぎ」

割れた陶器や海辺で落ちていた割れたガラスを、金色の接着で繋ぎ合わさった箸置き。

これがとても美しいと、日本人の陶芸家がNYでも認められ紹介されたのです!

こんな風にできないものかと考えてみる

普通、陶器を修復するには専用の瞬間接着剤を使います。

しかし、この金で繋ぎあわさったイメージを実際に自分でもできないものか?

グルーガンと金のネイル登場!

繋ぎ目に金色を塗布するために、陶器と陶器の間を少し浮かせて接着したい。

ならばグルーガンです。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング